日本一と言われる「花桃の里」①・鳥目線の豪華映像!

 先日、カラフルに咲く「花桃」の花を求めて、星が綺麗に見えることで有名な長野県阿智村に行ってきました。前回投稿の続編で、どうしても日本一と言われる桃源郷「花桃の里」の絶景を撮りたいとの思いから、前回の昼神温泉撮影から見頃になると思われる1週間後に出直したため、なんと今シーズン2回目の阿智村への遠出になりました。

 コロナ禍の中、不要不急の外出自粛要請などで、みんなの気分がふさぎ込む中、華やかな投稿映像で少しでも気持ちを明るくしてもらおうと、日本一の桃源郷を撮影したい思いに駆られていました。私にとって今回の行動は不要不急な行動ではありません。年に一度の撮影チャンスであることと、今年も祭りが中止されているため、通常では撮影出来ない映像が撮れる絶好のチャンス到来であり、今しかない行動でした。

 コロナ禍の外出となるため、コロナ防御対策は念には念を入れて、常時不織布マスク着用は当然ですが、車に消毒液を備え、乗る時は毎回消毒、消毒液の小瓶を常時持ち歩き随時消毒、また、日帰り温泉など感染リスクの高い場所にはいかない。さらには、少しでも人込みを避けるため早朝の行動をとるなどに配慮しました。

これは動画です。写真にタッチすれば見ることが出来ます。  動画を気に入って下さった方は、ユーチューブで「👍」やチャンネル登録をお願いします。

 阿智村の花桃の最も見応えがある場所は、月川温泉付近の「花桃の里」です。ネットに投稿されている写真からは、ここが日本一と言われるだけあり、5,000本の白や赤やピンクなどのカラフルな花桃が咲く光景はまさしく圧巻であり、日本一の桃源郷であることが伝わってきます。

 前回の昼神温泉付近の撮影も同じだったのですが、空撮の許可が出るのか分らない為、出かける前に、阿智村役場に電話で確認しました。担当者の話では、通常はドローン禁止なのですが、今年はコロナの関係で祭りが中止となっているため、見物客が少ない早朝を前提に可能であるとの返事を頂きました。このことは、私にとって、千載一遇のチャンスであり、悪者としか思われていない「コロナ」ですが、反面、私への限定的な恩恵でもありました。

 人の少ない早朝で、撮影に支障のない明るさが確保できる時間帯は、午前8時から8時半までとの考えで行動するために、前日から車中泊をして、早朝7時には現地にスタンバイ。また、有難いことにちょうど花も見頃であり、天気も快晴となりました。

 その状況下で、ドローン空撮を行い編集したものを今回投稿します。鳥目線で見る日本一の桃源郷は如何でしょうか。この晴れやかな映像で、ふさぎ込みがちな気分を少しでも晴らしていただければ幸いです。

Follow me!

コメントを残す