新緑の時期、西野水道付近の素晴らしき絶景!

 私のお気に入りのドローンの撮影場所となっている西野水道。以前にも何回か投稿していますが、今回は、新緑の美しさがピークとなる時期を狙い、撮影した西野水道付近の空撮動画をお届けします。

 史跡「西野水道」は、長浜市高月町西野地先の山の麓に、琵琶湖へ向かって掘りぬかれている高さ約2m、幅約1.5m、長さ約250mの大雨時における排水用の岩穴です。

 今から175年前、たびたび洪水に見舞われていた西野地区を、洪水から守るために掘られた歴史ある排水トンネル。付近を流れる川「余呉川」は、すぐそばに琵琶湖があるものの、山で遮られているため洪水時に西野地区でよく氾濫していました。その解消方法は、排水トンネルを掘り琵琶湖に流し出す方法が最良でしたが、岩でできた山を掘るのは至難の業でした。

 しかし、地元の充満寺の住職「恵荘上人」の発起により、能登、伊勢から石工を招き、実に6年の歳月と多額の経費をかけて、ノミだけで掘り抜かれた岩穴をびわ湖まで貫通させたのです。その当時の排水トンネル「西野水道」を歩いととおることは可能です。しかし、人ひとりが通れるぐらいの穴の大きさのため、ヘルメットと懐中電灯が必需品となります。(公園内の管理棟で二つの必需品は借りることが出来ます。)

 出来た当時は、その小さな岩穴で洪水氾濫は少なくなったのですが、十分ではありませんでした。その後、昭和の時代に第二排水トンネルが掘られ、さらに大きくした第三トンネルが掘られて、洪水被害から解消されたのです。今回は、その歴史が分かる空撮写真に、3本のトンネルの位置を記載しました。175年前、そして75年前に出来たトンネルと、現在使用されているトンネルの三本です。

 昔に手で掘られたトンネルは怖くて入れない方で、放流している琵琶湖側を見てみたい方は、歩行者専用の通路となっている隣の第二排水トンネル(直径5メートル程度)を通り、琵琶湖側に出ることが出来ます。電気がついていない薄暗いトンネルなのですが、出口の明るさを頼りに進むと、そこには素晴らしき絶景が待っていてくれます。

これは動画です。写真にタッチすれば見ることが出来ます。  動画を気に入って下さった方は、ユーチューブで「👍」やチャンネル登録をお願いします。

 今回は、新緑の時期にそのトンネルを通り抜けると素晴らしき絶景が目に飛び込んできます。新緑の素晴らしき山肌模様と、琵琶湖に合流する場所に出来た自然の造形美です。新緑の時期は、琵琶湖に面する山の木々が、針葉樹と広葉樹との縞模様が出来、通常とは違った景観を呈してくれます。また、琵琶湖を見ると、中州に生える雑木が芽を吹き見事な景観を造り出していました。その空撮動画です。如何でしょうか。

Follow me!

コメントを残す